受験を戦う|平等な教育|塾や通信制高校で自らの能力ビルドアップ

平等な教育|塾や通信制高校で自らの能力ビルドアップ

受験を戦う

勉強道具

幼稚園のお受験から中学受験や大学受験まで、受験戦争というのはある意味で子供達や親にとって常に身近にある問題です。しかし、激しい中学受験戦争とは程遠く、塾などに通わない子も存在します。大手塾で競争に打ち勝つために勉強を続ける子がいる一方で、受験を気にしない生活も存在します。受験を気にせず、普段通りの勉強を行なう子の中には、ぷちどらのような通信教育を利用するという方法で学習を行なっている子もいます。ぷちどらは、全国さまざまな子どもが学習を行なっており、質の高い勉強を行なうことが可能です。ぷちどらは、学ぶ楽しさを身につけることが可能で、進んで勉強ができるような意欲を身につけることができます。また、ぷちどらなどで勉強は日々のルーチンワークとしてこなしていた子どもも、何らかのきっかけで中学受験という競争を目の前に突きつけられることがあります。しかし、そういった子や親が突然に大手有名塾を利用するケースはそう多くありません。多いのが知り合いの紹介等で家庭教師や個人塾を利用するというケースです。

個人塾は大手と違い年齢的にも知識的にも経験豊富なベテラン講師が在籍していることが多い。中学受験の情報に関しては大手ほど広くはないが、ある意味で深く濃い情報を持つ場合もある。大勢の中で競争するのが苦手な場合にも、個人塾であれば講師との距離が近いため安心して学習が可能だ。塾の距離も地元密着型の塾が多いため、駅周辺で営業していることが多く送迎に関する負担も小さい。競争により、学習意欲が高まる場合と学習意欲が低下する場合の両方がある。受験が競争である以上避けられぬ定めであるため、個人塾を利用することで意欲を上げることが可能だ。